北京の史家小学校分校、ごみ分別を学校の特色に

校内に入るとごみ箱に子供たちが工夫をこらしたポスターが目に入り、ごみ分別、環境保護に関するマンガや標語に目を引かれた。

2012年12月4日、私は北京史家小学校分校の依頼で全教師に「再びごみ分別を語ろう」というテーマで講義を行った。校内に入るとごみ箱に貼られた子供たちが工夫をこらしたポスターがたくさん目に入り、校内の壁にもごみ分別、環境保護に関するマンガや標語に目を引かれた。

ごみ分別は中国の環境NGOが最も早く進めたいと思っているテーマであり、現在の中国ではまだまだ不足とやるせなさがあったが、史家小学校分校のごみ分別が見事な文化として受け継がれており、ごみ分別が学校の特色として実際の行動となり、ごみ分別が厳格に一心に科学的なプロジェクトとして研究されていることに、私は深く感銘を受けた。私は中国におけるごみ分別に対して、新しい見方を持ち、衝動に駆られたことを、ここでみなさんと共有したい。

史家小学校分校は、2010年9月、「低炭素社会がもたらす満足」というテーマで開校し、学校のごみ分別活動をスタートした。2年余りで、学校では各クラス、各事務室に分別ごみ箱を贈り、全教員と全児童にごみを分別して捨てる習慣を命じて、すべての児童もごみ分別活動に参加した。各クラスは教室の決まった場所に分別ごみ箱を置いて、分別の表示を貼って、ごみ袋を設定して、児童たちが分別情報を紹介する表示板を作ることで、徐々にごみ分別を学んだ。

さらに学校はこの基盤の上に学校ごみ分別指導員をおいて、クラスと各階のごみ分別の状況を検査して毎週1回表彰と報告を行った。今年、さらにごみ分別評価細則を改正して校内テレビ放送によって全校教員と児童にごみ分別の常識を説明、また毎週ごみ分別指導員例会を開催して問題を発見して速やかに解決、教員・児童の段階別監督指導を実施している。毎日12:30と午後3:30から4:00は重点検査の時間とし、抜き取り調査も実施する。

ごみ分別を取り巻くテーマで特別研究を行い、児童たちは実践研究を通して問題を発見、解決している。2011年4月、研究作業グループの児童が小武ごみ分別場を見学したが、もっとも子どもたちに影響を与えたのは、ごみ収集車が処理場に運ぶごみが全て再利用できるわけではなく、埋め立て処理のために、搬送ベルトの側に作業員がいて二次分別検査を行っていることだった。

なぜ?ごみ処理場の責任者は子どもたちに「実際の生活で、まだまだごみ分別がきちんとできていなくて、また分別しなければなりません。大量の水、電力などのエネルギー資源を費やしています。事前のごみ分別ができれば、合理的な分別ができて、ごみ処理場での負担を軽減することができるのです。」

学校へ戻ると、児童は学校のごみ分別を観察して、私たちの分別は行き届いていない、ただ再利用でききるものと再利用できないものと生ごみを分けているだけだが、分類が簡単すぎると、その後の資源化・再利用がうまくいかないことに気づいた。そして、討論、交流を通して、教員と児童は学校と家庭で出される大量の使用済み紙類について整理することを決めた。本来、分別の規則がない紙類と紙きれを出す。私たちは使用済みの紙の需要を伸ばして使用済みの紙を再利用できないか?この疑問を持ったグループの教員と児童たちが相談して、「使用済み紙の再利用及び推進活動」という研究テーマを掲げた。昨年のボランティアサービスデーに、テーマグループの児童が自分の作品を持って、地区の使用済み紙の再利用の環境保護キャンペーンを行った。この子どもたちによるキャンペーンは地区の住民の称賛のみならず、メディアにも報道された。

ごみ分別は政府のみの責任ではなく、やはり市民一人ひとりが共に努力することが必要です。ごみ分別作業は、確実に任重くして道遠しだが、学校として児童を教育し環境を保護する意識の確立に影響を与える責任があるので、ごみ分別の良き習慣を育成する。教員と児童たちが共にゴミ分別意識を学校から家庭や社会に持ち込み、まず身近から初めて、私たちの生活環境を守り、私たちと私たちの生活があるこの地球を守るようになる。

【筆者】李 力 (LI, Li)/環友科学技術研究センター(EnviroFriends Institute of Environmental Science and Technology)/寄稿/【翻訳】中文和訳チームB班 大石愛子/[ C12121202J]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>